月別アーカイブ: 2017年11月

Untitled Document
2017.11.05 Sunday

自分優先

皆さん今晩は、代表の前田です。

呼び込みです。

さて、今日のテーマは「国益と民族」です。

トランプ大統領が日本に来日してから、あっちこっちで報道が起こっています。

発言や行動にやや難があるとは思いますが、根底にある自国第一主義と言うのは政治的な国の代表者である以上当然ともいえます。

逆に自国に重税を敷いて、他国を優遇する指導者がいたら国民はどう考えるでしょうか。

そしてこれは多少過激な主張かもしれませんが、民族の多様性はこの国益に反しない範囲で認められるべきであり、度を越した優遇や許容は問題です。

例を挙げるのは難しいのですが、国内で特定の民族が徒党を組み、自民族の待遇改善を求め、結果として独立運動へ動く。

そのそもそもの発端はなんなのでしょうか。
多様性を認めよと言いつつ、自分たちを優遇しない国家などと差別している。

ではでは

Untitled Document
2017.11.04 Saturday

それでも足す

皆さん今晩は、代表の前田です。

挑戦することにしました。

さて、今日のテーマは「繋ぎ合わせる」です。

つぎはぎな布と言うのは見栄えが悪く感じるかもしれませんが、それでも

体を覆えるくらい大きなものになれば、それは服と呼べるのかもしれませ

ん。

そういうことを布地のつぎはぎ衣服を見て感じました。
そしてそれは、布に限らずです。

よく言われる話かもしれませんが、数学の上では1+1は2です。
しかし生産性の話では1+1は2になるとは限りません。

小数点以下の数字が出てくるわけです。
それが2を上回っていればいいことですが、下回っているといいことだと言

われなくなります。

分離した方がそれぞれ1の成果を挙げるわけですから単純に分離して1と1を

足せばよいということになります。
しかし、分離して離した場合の1の成果を動かす労力は0でしょうか。
きっと1から減退するはずです。

それは1+1が1.9でも単純に分けて活用するより効率が良いということにな

りませんか?

ではでは

Untitled Document
2017.11.03 Friday

ものがないのがいい、わけでもない?

皆さん今晩は、代表の前田です。

視界が広がり過ぎですね。

さて、今日のテーマは「ものこと」です。

寝室に新たな器具を導入するに当たり、自分の部屋を改めてみると、途中になっているものやことが結構散らばっていることに気が付きました。

というわけで出来る所から片付けていきましょう。

そういえば断捨離やミニマリストのように過激になる必要はないかもしれませんが、それでもものが少ないというのは空いた空間に何かを埋める余裕があるという気持ちの表れかもしれません。

とはいえ大事なものまで処分しては元も子もないので、選別には最大限に気を配りつつ。。

そういえば、人の部屋は人柄を反映するという話がありますが、部屋の広さなどはどう評価されるのでしょうか?
広い部屋の人と、狭い部屋の人は人柄にも違いが出るのでしょうか?
対照実験があれば教えてください。

ではでは

Untitled Document
2017.11.02 Thursday

心からの行動原理

皆さん今晩は、代表の前田です。

整理整頓が進んでいます。

さて、今日のテーマは「約束」です。

皆さんは約束と言うのをどう定義していますか?

出来ないことでも顧客の前なら出来るというのが営業マンとして正しい姿だという言葉をビジネス書では良く目にします。

実際その後開発の方の尽力や工夫で不可能を可能にして、実現してきたのだと思いますが、基本的には出来そうもない約束をするのは不道徳ではないでしょうか。

よく世論として「政治家はうそつきだ」という言葉も偶に聞きますが、本当にウソツキなら何故彼らは国会議員として多くの支持を集めることができるのでしょうか。

それは、きっと肝となる「約束」をどんな形であれ守ってきた結果ではないでしょうか。

勿論玉石混交で約束を曖昧にしている人もいるのかもしれませんが、それでも約束と言うのは意味が重いと思われます。

ではでは

Untitled Document
2017.11.01 Wednesday

睡眠時間は充てにならない

皆さん今晩は、代表の前田です。

今日は検査入院の結果を聞いてきました。

さて、今日のテーマは「睡眠時のめがね」です。

最近その問題が顕著であると指摘されていたため、受診してみた睡眠外来ですが、このたびついに結果が判明しました。

「重度の睡眠時無呼吸症候群」
との診断結果でした。

病気の可能性は以前から指摘されていましたが、重度とは思いませんでした。。

とはいえ、ぎりぎり基準を上回った(一時間に無呼吸・低呼吸状態が30回以上)ため、治療器具を用いての対処療法を勧められました。

それがCPAPというものです。
平たく言えば鼻専用の送風機マスクのようなものです。

睡眠時に閉じてしまう呼吸の穴を開けて、呼吸をしやすくするための器具ですが、残念ながら根治ではなく経過観察がメインの器具です。

この病気の要因は複数考えられ、どれが最大要因かは分からないので、一つ一つ要因を洗っていく作業が必要になります。

とりあえず、しばらくは私の睡眠時のめがねとして活用することになります。

ではでは