月別アーカイブ: 2017年7月

Untitled Document
2017.07.18 Tuesday

責任無産

皆さん今晩は、代表の前田です。

燃え尽き症候群ですが、灰にもなれずくすぶってしまっています。
院に思考を逃がしていた付けでしょうか。。

さて、今日のテーマは「迷走」です。

この間の組織論の改革の事例にもあったように、改革と言っても何も自由にすることが求められるのではなく、一定の規定、制限の上で必要なことか吟味することが重要です。

だからこそ、今ある資源を最大限に生かす工夫、即ち戦略が求められるわけですが、自分の中で考えなければならない範囲がぼやけている印象を受けます。

様々な経験を積むことができるのが、従業員側の副業の利点ですが、副業の雇用者からすれば、自身の本業にパートタイムで取り組む半端者です。

そんな相手に対して責任を追及する。
副業の対象とされた主にはご愁傷様と言えるが、待遇も変えずに要求を挙げるのは相手に出て行けと言っているようなものです。

働き方改革で多様性を感受する労働者にとってみれば選択肢の増加は歓迎されるかもしれませんが、雇用者側からすると厄介この上ない。

ではでは

Untitled Document
2017.07.17 Monday

部下を持って仕事をする人の学問

皆さん今晩は、代表の前田です。

ついに三日目です。
もうすぐ次の授業も始まりますが、本当に慌ただしい三日間です。
帰りに慌てすぎてお土産買い過ぎた。。

さて、今日のテーマは「組織と人」です。

組織論を通して実感したことは、経営者の意志が組織に反映されていて、従業員が如何に知恵を絞ろうと、経営者以外がそれを変えるのは困難であるという事実です。

ケースを読んでも、大半が経営者または経営者に意見を具申できる存在であり、組織運営と個人の境はそれだけ狭いということです。

一方で、それだけ組織と経営者が近い存在であるならば、組織を経営に携わらない人間が学ぶ意義はあるのだろうかと考えてしまいます。

部下を率いて仕事をしたことがない人間にはそうした苦労は幸か不幸かありませんでしたが、それでも組織論は経営を推し進める上で組織が拡大する際に求められる技量であることは痛感しました。

 

ではでは

Untitled Document
2017.07.16 Sunday

私はX型

皆さん今晩は、代表の前田です。

二日目です。段々疲れが意見に出ているようです。
あと、何故か人生相談会になっている印象を受けました。

さて、今日のテーマは「XY」です。

マクレガー博士は、組織における性質というのをふたつの文字で表しました。
すなわち、X型思考とY型思考の組織体系。

X型は官僚的であり、指示も細かく出されますが、感情面はともかく、齟齬が出にくい。
よく言えば統制がとれ、悪く言えば権限委譲しない組織です。

一方でY型はベンチャー型で、指示は曖昧で要領を得ませんが、裁量はある程度任され、自由度が高い。
自由闊達な行動を取らせるのに有効ですが、全体の調整の難しさや無駄も目立つ。

それは上司と部下の関係に置いてもいえ、
X型上司の元では、Y型の部下は行動を制限され反発を抱きますが、Y型の上司の元でX型の部下は指示の曖昧さに頭を抱えることになります。

勿論ある程度性質の異なるX・Yを「ふるまう」ことは可能ですが、本質を捻じ曲げて得られるのは、自身へのストレスだけです。

ではでは

Untitled Document
2017.07.15 Saturday

多様性の環境

皆さん今晩は、代表の前田です。

三連休の初日ですが、名古屋で授業を受けてきます!!
ただ、勉強以外にもおぼつかないことがちらほら。。。

さて、今日のテーマは「多様性」です。

今回の授業では組織論を主に学ぶようで、講義の合間合間にグループでの議論をする必要があります。

しかも、日ごとにメンバーを入れ替えるそうなので、かなりハードな時間管理になりそうです。

今回の講義は、名古屋、大阪、東京にいる全ての院生が集うこともあって、なかなか多様性にあふれるメンバー構成のようです。

私自身も、そんな皆さんの個性に負けない様、自分の強みを生かしつつ、全体によい影響を与えられるよう、微力を尽くしたいものです。

あと、チラシを作成し、院の先輩に製本を手伝ってもらいながら、懇親会では配る作業に徹していました。

懇親会の難点は、やはり知人同士で固まってしまうことで多様性が発揮され難いことでしょうか。。

 

ではでは

Untitled Document
2017.07.14 Friday

手作業

皆さん今晩は、代表の前田です。

印刷に追われて、エラーで悶々としておりました。

さて、今日のテーマは「個人作業」です。

明日から名古屋に遠出です。
観光ではなく授業の関係で出向く必要があるからなのですが、それでも準備にてんやわんやでした。

特に忙しかったのが、名古屋で会う人に対する自己紹介。
つまり名刺や紹介冊子の印刷ですね。

法人では外注して、自分たちでやるとは考えないのかもしれませんが、個人であれば自分でやるものです。

というわけで出発ギリギリまで印刷と切り込みを入れる作業。。

そして印刷エラーで悶々とする。。
ああ、課題にも手をつけないと。。

何とも言えない気分です。

ではでは

Untitled Document
2017.07.13 Thursday

重圧に押しつぶされる

皆さん今晩は、代表の前田です。

振替出勤。

さて、今日のテーマは「マンツーマンより」です。

久々に上司と部下の一対一ではなく、同僚がいる環境で仕事をしました。

自分が怠けているのではと勘ぐってしまいますが、それでも自分以外にも人がいるありがたみを痛感しました。

実際仕事場の環境で上司と部下の二人だけの環境下では、よほど親密な関係でなければ、部下の方は重圧に耐えなければなりません。

上司が部下に常に気を遣えと言いたいわけではないのですが、それでも職場の中における上下関係ははっきりしています。

終始行いを監視させられている気分と言えばいいのでしょうか?
たとえやましいことがなかったとしても、追いつめられそうな気分になります。

そんなことばかり考えているので、自分に心の余裕がなくなっている証拠ではないかと思っています。

 

ではでは

Untitled Document
2017.07.12 Wednesday

呪文を唱えられる

皆さん今晩は、代表の前田です。

悶々としていることが増えました。

さて、今日のテーマは「任せる」です。

皆さんは人に何かを任せることがありますか?
例えば、文化祭の企画で喫茶店をやると決まったとします。

文化祭の実行委員であれば、その時にだれに何をさせるのか役割分担を決めて、仕事を任せるでしょう。

買い出し係。
衣裳係。
調理係。
注文受付。
配膳。
内装。
音楽。
会計。
などなど。

これらの係は基本的に任された側も何をすべきか、分かっているでしょう。

だからこそ迷うことは少ないかもしれません。
しかし、これが

喫茶店におけるマーケティング
競争優位性と価値の最大化を図る戦略
収益と費用における効率化された組織体系の構築
内装やBGM、メニュー、衣装等戦略に従ったコーディネート。
となったとたん、頭を抱えるのではないでしょうか。

しかし、社会人になるとこれ以上に曖昧な指示で、適切な成果を求められます。

ではでは

Untitled Document
2017.07.11 Tuesday

熱い会合

皆さん今晩は、代表の前田です。

今日は第三期最後の新宿区産業振興会議でした。
いやはや、生意気で大変失礼いたしましたが、皆様懐が深くて大変勉強になりました。

さて、今日のテーマは「愛着」です。

皆さんは仕事に愛着を持っていますか?
市役所の皆さんのお話を聞いていると、色々とためになることが多かったのですが、それよりなにより市役所のお仕事に愛着を持って取り組まれていることが伝わってきました。

そして、産業振興会議の皆様もそれぞれ自分の領域で熱意を持って取り組まれています。

私もその中では変わった立ち位置にいるのかもしれませんが、それなりにこの役割が気に入っています。

そしてやはり仕事に対する思いが人を動かすものだと思っています。
最後は人です。

 

ではでは

Untitled Document
2017.07.10 Monday

求めていることはなんですか?

皆さん今晩は、代表の前田です。

やるべきことリストが溜まっていく。。

さて、今日のテーマは「曖昧な質問」です。

皆さんは、答えが複数考えられる質問というのをどう思いますか?

会社の上司が「うちの会社の競争優位性は何か」という質問をしたとします。

開発力があるとか、市場シェアが大きいとか、規模の経済によるコストリーダーシップがあるとか、色々な見方があると思います。

しかし、質問者がもとめていたのは「営業マンの営業力が物凄い」という答えだったとしたら、他の答えは意味を成しません。

にも関わらず、相手に考えさせるためという名目で自分の心当てクイズをさせる人がいます。何故わからないのか詰問したり、相手の答えが如何に間違っているか指摘したりして話が進まないなんてことも。

なぞなぞを繰り出して部下を混乱させる暇があるなら、具体的な指示を出してほしいものです。

 

ではでは

Untitled Document
2017.07.09 Sunday

個性と役割

皆さん今晩は、代表の前田です。

人から指摘されると考えが揺らぐのは
柔軟性があると言えるのか、信念がないと言えるのか。。

さて、今日のテーマは「役割」です。

よく言われることですが、人の性格が一定以上変化しないのと同様に、集団の中では人は与えられた役割から外れることは難しいです。

例えば、人にガミガミ文句を言う上司がいたとします。
納得できる叱責ならともかく、理不尽に思うことだってあるかもしれません。

しかし、そんな上司が突然周囲にペコペコして、相手をほめちぎるようなことをしだしたとします。

そんな上司を皆さんはどう思いますか?
「何か嫌なことを考えているに違いない」と思うかもしれません。
「リストラ候補に上って、焦って周囲からの評価を気にしているのかも」と思うかもしれません。

そして、きっと皆さんはガミガミ言う「組織の中の別の誰か」に上司と同じ思いを持つのです。

組織の中の役割はそういった個人の相対的な差によって決められてしまうのかもしれません。

ではでは