Untitled Document
2015.01.31 Saturday

遊びの仕組みを考える

みなさんこんばんは、代表の前田です。

 

昨日の雪から、今日は少し晴れやかな感じです。

商店会の新年会でもおいしい食事を頂き、とてもいい気分です。

 

今日は、ハッとする瞬間について。

 

「気付き」や「インサイト」といった言葉も用いられますが、そんなかっこいいものではありません。

日常の中で、「この仕組みを考えた人はすごいな」程度のぼんやりとしたものです。

 

新年会のボードゲーム会に向けて様々なゲームに触れたからでしょうか、ただ単純に「ゲームが面白い」ということから、「この遊びを一から考えた人たちはすごいな」と思い始めました。

 

かなり脱線しますが、私が最近遊んだボードゲームの中で「これは」と思ったものをいくつか紹介します。

 

「キャメルアップ」

ラクダのレースで順位を予想するという単純なルールですが、サイコロ一つで順位が劇的に変化したりする点がとても面白い。余談ですが、このゲームのテストプレイに参加した人たちに敬意をこめて、ゲームの肝であるピラミッドに参加者の名前が記されているそうです。

 

「アクワイア」

ホテルチェーンの株式投資ゲーム。このゲームの面白さは、実際にやってみて初めて分かります。

どのホテルチェーンが次に買収されるのかを予想しつつ、成長するホテルチェーンの株をいかに多く確保するのか。最後の決算で大逆転が起こることも。

 

どちらも、「運に左右される熟練者も初心者も楽しめる作品」です。キャメルアップに至っては、軽く品薄状態なので、興味のある方はお早めにどうぞ。

テーマ、役割、小道具、ルールなどなど一つのゲームに「ハッとなる」要素が詰め込まれています。

 

ただのゲームと侮るなかれ。気がつけば、日が暮れるかも。

たまには電気いらずのゲームはいかが?

 

ではでは

コメント2件 “遊びの仕組みを考える

  1. 姉貴

    あきちゃんが新しくボードゲームを考えて売り出す予定はー?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。