Untitled Document
2017.12.02 Saturday

評価に平等は存在しない

皆さん今晩は、代表の前田です。

 

今日はなぜかハイな気分でした。

家に帰ってから電池が切れましたが。

 

さて、今日のテーマは「評価軸と制約」です。

 

従業員の業績評価というのは、売り上げを挙げているところに対しては容易に出来るかもしれませんが、売上に直接関係しない部分は難しくなります。

 

だから売上に貢献する部門をプロフィットセンター、直接貢献しない部門をコストセンターと分けて評価軸を別にするわけです。

 

勿論隣の芝生は青いという恣意的な目線が入ることになり、互いに不満を覚えることになったら目も当てられません。

 

ですから、目に見える形でそれらを分離するのがよいのです。

馬が合わないのを同じ馬小屋に入れるくらいなら、別の小屋を建てた方がいくらか建設的です。

 

ではでは

コメント2件 “評価に平等は存在しない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。