Untitled Document
2017.07.04 Tuesday

雨に濡れないために

皆さん今晩は、代表の前田です。

雨に打たれて、びしょびしょでした。

さて、今日のテーマは「傘を差しても」です。

いつも思うのですが、傘をさしていると変な安心感に包まれてしまいます。
これでもう濡れることはない、と。

事実傘が覆っている部分は大丈夫だと思っているので、足元に視線が移ってしまうのかもしれません。

でも傘で覆える範囲というのは意外と狭いもの。
手に持っている以上、本来の傘が持つ大きさの半分でしか人は守られていません。

背中に荷物を持っていたら、びしょびしょになるのは仕方のないことなのです。
だからこそ、荷物はお腹の前に持ってくるべきなのです。

 

ではでは

コメント2件 “雨に濡れないために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。