Untitled Document
2015.11.29 Sunday

サービス精神旺盛と怪しさは紙一重

皆さん今晩は、代表の前田です。
もう11月も終わりが近づき、今年も残すところ一月です。

さて、そうなると今度は怒涛の忘年会シーズンです。

イベントごとはいつも楽しそうですが、年末の懐具合が今から心配です。
さて、今日のテーマは「新規と怪しさ」です。

今日家のポストに投函されていたようなのですが、年末の大掃除を見越してか廃品回収のチラシがありました。

そういえばあんとれボックスのポストにも頻繁に廃品回収のチラシが入っています。
そんなに頻繁に廃品は出ないと思うのですが、一つ当たりの規模が大きいからチラシ代ぐらい気にならないのでしょうか?

さて、そんな廃品回収のチラシですが、毎回違う業者のものが入っていて、入れ替わりの激しい業界なのかと思うことがあります。

実際、廃品を回収するだけであればサービスの革新的な進歩はありませんし、価格競争も激しそうです。

それでも新しい企業が参入してきますし、どんどんチラシも派手な文句で彩られるようになります。

使う側からすれば、信用と価格の双方において信頼が置ければ十分なのですが。。。
ではでは

コメント2件 “サービス精神旺盛と怪しさは紙一重

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。